CADを使って仕事の効率や能率をアップさせよう

CADを使って製図を描こう

CAD(Computer Aided Design& Draft)は、コンピュータを使って設計図や製図を描くことで、CADを利用する人が多く人気のあるソフトです。建築業界やデザイン業界などに勤めている人にはCADを使用する人が多く、一般企業でもプレゼンテーションやカタログ製作などに使用されています。CADを利用すると手書きのものよりも正確でリアルな仕上がりになるので、やり直しの手間がはぶけたり、簡単に修正することが可能です。CADのソフトは基本的なものから専門的なものまで幅広く、さまざまな業界で利用されています。

CADのさまざまなメリット

CADのメリットは、それまで面倒だった手書きによる製図の作成が簡単になりました。すべてコンピュータがしてくれるので、自動で計算したり修正してくれ、図面の受け渡しなどもシステム間でできるようになり作業時間が非常に短縮されます。もともと建築業界や航空業界などの特定の分野で使われていましたが、現在はインテリア業界やアパレル業界などさまざまな職業で利用されています。従来は手書きのスケッチを書くという作業が行われ平面的なデザインでしたが、CADを利用することにより3Dでイメージすることができるようになりました。シミュレーションを簡単に行うことができ、イメージにより近づけることができるので、よりリアルさが演出できます。CADを利用することで仕事の効率がアップしたり、能率も一緒に上がるようになるでしょう。

電気CADとはコンピュータによる設計支援ツールを用いて、電気システムにおける効率化や解析を行うことを指します。