腰痛は進化の代償!進化を遂げるには歩き続けなくてはならない。

日本人にとって腰痛は国民病

国民病と言われるほど腰痛で悩まされている日本人は多く、テレビでは様々な腰痛改善法が紹介されています。腰痛は重いモノを持ち上げた時にも発症するため、体に余分な脂肪が付いていると、常時重たい荷物を持った状態で生活するのと同じなため腰痛になるリスクは高まります。

腰痛対策はダイエット・整体・筋力増加

人間はもともと四足歩行、進化に伴い二足歩行になったため、2本の足だけで歩くのは腰に負担が掛かるのは当然です。二足歩行に進化するのに欠かせないのは足腰の筋力、反対に足腰の筋力が低下すると2本の足だけで体を支えることが困難になるため、自然と腰が曲がり四足歩行に近づきます。体重が増えたら、その分を支える筋力が必要で、筋力を付けることが億劫な方は体重を落とためにダイエットをする必要があります。痩せている方でも動作に見合う筋力がなければ腰痛を起こし、痩せている方でも姿勢が悪いとヘルニアなど神経を圧迫して発症する腰痛を引き起こすことになります。腰痛対策としてはダイエット・整体・筋力増加が必要ですが、急性の腰痛には整形外科へ行くことが得策です。整体院でも姿勢を正すことは可能ですが、腰痛は他の疾患が要因している場合もあるため病院での検査と医師の紹介が必要、レントゲン等の検査がないと感による施術を受けるしかありません。職場でも家庭でも機械化が進む今日、歩く機会が減り、腰痛になるリスクが増えています。そのため、腰痛対策として歩くことは有効、わざわざ車に乗ってスポーツジムへ行かなくても、一駅手前で下車して歩くだけでも腰痛予防に効果があります。

腰痛の名古屋の治療効果の高い方法を調べるために、様々な検査方法が導入されている医療機関を見つけることが大切です。