知って得しよう!LED照明の5大メリット

消費電力が小さいというメリット

LED照明を使用した場合消費電力が小さくなりますので、電気代を少なくできるメリットがあります。

白熱電球と比較すると約80%以上もの消費電力の削減が可能で、蛍光管タイプと比較すると約50%以上もの消費電力が削減できます。

そのため、家中の照明をLED照明に変更すれば、驚くほど電気代を安くすることができるでしょう。

長寿命であるというメリット

LED照明は従来の照明に比べて桁違いに長寿命であるといえます。

従来の白熱電球ですと、寿命は約1,000時間でした。しかし、LED照明の場合は約4万時間から5万時間となります。そのため、LED照明の場合は1日10時間使用したとしても、10年以上は持つ計算になります。

照明の交換コストを考慮すると、長い目で見て低コストの照明ということができます。

紫外線や赤外線が出ないというメリット

LED電球では、可視光線のみしか発光しません。そのため、紫外線や赤外線を出すことがないのです。

紫外線が出ない琴によるメリットは、虫の飛来を防止できると同時に、紫外線による美術品などの劣化を防止できます。

また、赤外線が出ないメリットとしては、照明器具が熱くならないことが挙げられます。照明器具が熱くならなければ照明器具の劣化を防ぐことができますし、夏には冷房効率をアップさせることができます。

すぐ点灯・ちらつきが少ないメリット

LED照明を利用した場合は、スイッチをオンすると即時点灯するというメリットがあります。また、蛍光灯のようにちらつきが無いため、目に優しい照明ということができます。

環境に優しいというメリット

LEDは省電力なので、CO2を削減することができ地球温暖化現象を抑えることができます。また、蛍光管には水銀が使用されていますが、このような有害物質を使用していないため、環境に優しいのです。

LEDライトパネルは駅や役所の案内掲示板に使われており、多彩なカラーで表現出来るので暖かみが伝えられます。